2156円 デジタル記号論松本 健太郎 トップ 本 パソコン・システム開発 その他 デジタル記号論松本 2020 新作 健太郎 デジタル記号論松本,/hyperpigmented105394.html,jawpain.ie,健太郎,トップ , 本 , パソコン・システム開発 , その他,2156円 デジタル記号論松本,/hyperpigmented105394.html,jawpain.ie,健太郎,トップ , 本 , パソコン・システム開発 , その他,2156円 2156円 デジタル記号論松本 健太郎 トップ 本 パソコン・システム開発 その他 デジタル記号論松本 2020 新作 健太郎

デジタル記号論松本 2020 奉呈 新作 健太郎

デジタル記号論松本 健太郎

2156円

デジタル記号論松本 健太郎

商品情報

  • 発売日:nbsp;nbsp;2019年02月08日頃
  • 著者/編集:nbsp;nbsp; 松本 健太郎
  • 出版社:nbsp;nbsp; 新曜社
  • 発行形態:nbsp;nbsp;単行本
  • ページ数:nbsp;nbsp;288p
  • ISBN:nbsp;nbsp;9784788516069

商品説明

内容紹介(出版社より)

私たちは一日にどれくらいポータブル端末に触れているだろう。そこでは視覚以上に触覚が重要な役割を果たしている。いまや全く新しい感性が生まれていると言ってもいい。気鋭のメディア・記号学者が、デジタル化時代のこのリアリティを鮮やかに描出。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

視覚と触覚の交錯から派生するデジタル時代のリアリティ。今日あなたは何度、スマホの画面にさわっただろうか。ポケモンGO、Googleマップ、トリップアドバイザー…。人びとが手許のデジタルデバイスをたえず凝視しながら、各種のアプリがたちあげる情報世界を触覚的に制御し、管理し、リアルなものとしてひきよせようとするのは、今まさに新種の記号的リアリティが出現しつつある証左なのではないか。

目次(「BOOK」データベースより)

デジタル時代の技術化されたイマジネーション/第1部 記号とメディアの現代的な関係性を考える(バックミラーのなかのメディア文化ーテクノロジーの隠喩的理解をとらえなおす/メディアテクノロジーが陶冶する想像力の現在ー「予めの論理」と「象徴の貧困」/メディアの媒介性と、その透明性を考えるー「テクノ画像」概念を再考する/私たちはどのように写真をまなざすのかー言語との差異を中心に)/第2部 視覚と触覚の現代的な関係性を考える(タッチパネル考ー画面との接触が求められる現代/「接続される私」と「表象される私」-記号論×メディア論の間隙で考えるゲーム/スポーツゲームの組成ーそれは現実の何を模倣して成立するのか)/第3部 空間と身体の現代的な関係性を考える(ポケモンGOでゲーム化する世界ー画面の内外をめぐる軋轢を起点として/拡大される細部ーマイケル・ウルフとダグ・リカードの写真集を比較する/テクノロジーによる「行為」のシミュレーションートリップアドバイザーを題材に)

著者情報(「BOOK」データベースより)

松本健太郎(マツモトケンタロウ)
1974年生まれ。群馬県桐生市出身。国際基督教大学卒業後、京都大学大学院に進学し博士号(人間・環境学)を取得。専門領域は記号論・メディア論・映像論。二松學舎大学都市文化デザイン学科准教授。日本記号学会理事・第31回大会実行委員長。観光学術学会第7回大会実行委員長などをつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

]

デジタル記号論松本 健太郎

')

<title>デジタル記号論松本 2020 新作 健太郎 " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報